香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【日記】

早起きは三文の得!? 朝粥で一日をはじめよう
2016.08.04
その他の香港島

早起きは三文の得!? 朝粥で一日をはじめよう

普段は、一秒でも長く寝ていたいという朝寝坊派なんですが、旅に出ると自然と早起きになるんです。何故かと言うと、どんな観光地でも朝はその土地で生活している人々の日常が垣間見れるから。旅人目線では見えなかった町の素顔に出逢えるのって、早起きならではの醍醐味なんです。

もちろん香港でも朝の散歩には良く行ってたのですが、朝散歩が癖になる香港ならではの楽しみを見つけちゃいました。それは、地元の朝粥人気店を探すというもの。

朝粥2月-2.jpg

香港スタイル朝粥2月-9.jpg 
香港のお粥は定番の人気メニューなので「うんうん」と頷く人も多いと思いますが、一方で「え、夏でも熱いお粥?」って思う方がいるかもしれません。ただ周囲を見渡すと、シンガポールにしてもタイにしても、お粥は朝の定番メニュー。暑いとこでもお粥って人気なんですよね。

0603香港スタイル2月-1.jpg


食事が美味しくBARも充実している香港の場合、つい食べ過ぎちゃったとか、飲み過ぎたって経験、リピーターの方々なら、特に身に覚えがあるんじゃないでしょうか?

そんなときにも、朝散歩&朝粥っていうのはドンピシャの選択肢。この日も、まさに食べ過ぎ・飲み過ぎた翌朝で、重たい体を"えいっ"と起こして、妻と早朝 散歩にでかけたんです。泊まっていた天后はスイーツの町として有名なんですが、香港中央図書館の裏手には、コーヒースタンドやイタリアンなど個性的な最近OPENしている注目のエリア。

朝粥22月-2.jpg

実際に足を伸ばすと、ローカル色の強い古い町並みと、モダンなファサードのレストランが混在して独特の魅力を放っている。

香港スタイル朝粥2月-10.jpg

昔ながらのお店の横で、朝からコーヒースタンドで休むことが出来る。色んな選択肢を選べるのも香港の魅力。

そんな町の一角で、地元の方と思われる人々が、ひっきりなしに出入りしていたのがこちらのお粥店『康記粥店』。何を隠そう、香港でお粥専門店に行くのは初めて。こんなところに旅人が入ってしまったら嫌がられるんじゃないかと、心配したのですが全くの杞憂でしたね。相席などはあたり前のようですが、我々には外の席を用意してくれたので、じっくりメニューと向かい合うことが出来ました。

香港スタイル朝粥2月-1.jpg

この趣あるファサードが実にフォトジェニック。思わずInstagramにアップしたくなりますね。

こちらでいただいたお粥は、熱々でトロトロ。お粥自身にも味がしっかりついています。魚片の入ったものと、鶏肉のお粥をオーダーしたのですが、より香港らしさを味わえたのが、魚片のお粥。干した魚の癖が、大人にはたまらないアクセント。

香港スタイル朝粥2月-7.jpg

黙々と働く男の姿に、美意識を感じます。

香港スタイル朝粥2月-3.jpg

小さなお店なのに、たくさんのメニューが並んでいます。

奥さんや恋人と、知らない町を朝から散歩する。これは旅先ならではの新鮮体験。しかも美味しいお粥探しも出来てしまう。是非、パートナーと一緒に、お気に入りのお粥屋さんを見つけてください!
※現在は、こちらで紹介した店舗が閉店し、「新康記粥店」として隣にリニューアルオープンしています。

香港へは、あなただけのオリジナルツアーで出かけませんか?
フライトやホテルの空き状況に応じてリアルタイムに旅行代金が変動し、その時点で一番お得なツアー(当社比)をお求めいただけ、大変お得な「ダイナミックパッケージ」。
お得なツアーを今すぐチェック>>
※旅行企画・実施:キャセイホリデージャパン(株)



PAGETOP

【日記】香港ブログ

日記 TOPへ

男の香港歩き

バックナンバーバックナンバー

エリアエリア

中環

その他

その他の香港島

上環

尖沙咀

湾仔

MY SWEET HONGKONGMY SWEET HONGKONG

香港暮らし真っ最中!!香港暮らし真っ最中!!

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』