香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【日記】

香港で泊まるなら「サイインプン」がおすすめ!の3つの理由
2016.12.16
その他の香港島

香港で泊まるなら「サイインプン」がおすすめ!の3つの理由

香港への旅行を計画してる友人らと話をする時に、セントラル、尖沙咀、九龍などの地名はすっと入っていくんですが、「サイインプン」という名前を出すと、"え、なにそれ?"、"お店の名前?"と返されることが多いです。


また香港ラバーで、かなりリピートしてる人でも"そういえば、サイインプンには泊まったことないなぁ"という人に出会う確立が高いです。

では、そもそもサイインプンとは何なのでしょうか?

香港スタイル211月-7.jpg
 
香港スタイル211月-11.jpg 


「西営盤(サイインプン)」とは、以前、上環が終点だったMTR港島線に、2015年3月開業した駅の名前なんです。セントラルから2駅なんですが、これまでタクシーか路面電車(トラム)でしかアクセスできなかったエリアのために、古き良き雰囲気がまだ色濃く残っているんです。

これまで、香港で色んなエリアに泊まってきていますが、実は今、当家の一番のお気に入りがここサイインプン。何故、このエリアに惹かれるのか、今回は、その3つの理由を解説します!

 1)新旧入り混じったコンパクトなお洒落タウン
 2)セントラルからわずか2駅というアクセスの良さ
 3)ホテルが広い、夜景が綺麗!


1)新旧入り混じったコンパクトなお洒落タウン

サイインプンは、活気はあるけど人混みで疲れるというほどでもない、程よい賑わいのある街。海から急坂に沿って町が展開してるので、MTRの出口によってかなり高低差があるため、事前に目的地の最寄りがどの出口がチェックしておくのことをオススメします。

香港スタイル211月-6.jpg

改札を出て地上出口まで距離はありますが、地下通路には「サイインプン」の町を彫ったアートや古い白黒の写真が並んでるので、歩いていても飽きません。

海から大きく3つのエリアに別れていて、海の近くが昔ながらのお店が並ぶ乾物街、坂の中腹には活気あふれる市場、坂の上には洒落たビストロやカフェが集まっています。
香港スタイル11月-19.jpg

なので、古き良き香港みたいな気分を味わいたければ乾物街を歩けばいいし、香港の日常を垣間見たければ市場の中に入っいけばいいし、クラフトビールや美味しいコーヒーを飲みたくなったら、坂の上に登ればいいんです。

香港スタイル211月-4.jpg

こちらの市場では、魚や肉、野菜を扱っています。

香港スタイル11月-7.jpg

朝から人々の活気で賑わっています。

坂はきついですが徒歩圏内に色んな表情があるので、歩いていても苦になりません。市場の前や、坂の上部にはエスカレーターもあるので、下から坂を見上げた時には"こんな坂登るの無理かも..."と思うかもしれませんが、案外すんなり行けちゃいます。

香港スタイル11月-13.jpg

お洒落なビストロが並んでいて、暖かい時期はオープンエアなのも嬉しいところ。旅人の特権、明るいうちからテラスで飲むのにもってこい。

香港スタイル11月-10.jpg

狭いエリアに何軒もカフェがあるので、自分のお気に入りを見つけるのも楽しいですね。ビーガンのお店が町に溶け込んでいるのも「サイインプン」らしい光景。

こちらでも紹介した隠れ家バー「ピンポン」や、【香港を粋に楽しむ】の甲斐さんが紹介していたローカルフィシュが評判の「フィッシュスクール」もこのエリア。コンパクトでありながら、様々な香港の表情を垣間見れる町サイインプン。色んな香港を味わいたい欲張りな貴方にピッタリだと思いませんか?
 
2)セントラルからわずか2駅というアクセスの良さ
 
香港スタイル11月-12.jpg

「サイインプン」にハマってくると、この急坂がいとおしくなってきます。

MTRの港島線で、セントラルから東に2駅といえば湾仔。あれ、そう考えると西に2駅のサイインプンがやけに近くに感じませんか?

聞きなれない名前の駅だとちょっと遠くに感じるかもしれませんが、ハリウッドストリートのPMQあたりまで歩いたら、実はそこからもう一息。自分はサイインプンに滞在中、何度もセントラルから歩いて帰ってきています。

香港らしい風景を構成しているのが路面電車(トラム)。観光にも便利で楽しい足なのですが、遠くまで行くなると思いのほか時間がかかるんですよね。セントラルからサイインプンくらいまでなら、長すぎず、短すぎずと絶妙の距離感。

3)ホテルが広い、夜景が綺麗!

香港島のセントラルから東のエリアに比べて、同じような価格帯のホテルでも広い部屋を見つけやすいのがサイインプンの魅力です。今回は100㎡くらいのサービスアパートメントをリーズナブルに借りることができるし、その海沿いの部屋からは窓の外にはこんな景色が広がっていました。夜景も綺麗ですが、個人的には夕暮れの時間帯が好きでしたね。

香港スタイル11月-20.jpg
何度か来たことがあるエリアだったので、それなりに土地勘はあったつもりですが、エアポートエクスプレスで香港島に着いて、タクシーに乗ったらあっという間にホテルに到着したのには驚きました。
ちなみに滞在中は、毎朝違うカフェを開拓するということを日課にしていました。他にも、毎日ひとつ乾物を買ってみるとか、毎日違うビストロのハッピーアワーに寄ってみるとか、まるで暮らしているような滞在スタイルが似合うのがサイインプン。
次回の香港では、是非貴方もサイインプンでホテルを探してみてください。これまでとは、また違った香港の魅力に出逢えるはず!

香港へは、あなただけのオリジナルツアーで出かけませんか?
フライトやホテルの空き状況に応じてリアルタイムに旅行代金が変動し、その時点で一番お得なツアー(当社比)をお求めいただけ、大変お得な「ダイナミックパッケージ」。
お得なツアーを今すぐチェック>>
※旅行企画・実施:キャセイホリデージャパン(株)

PAGETOP

【日記】香港ブログ

日記 TOPへ

男の香港歩き

バックナンバーバックナンバー

エリアエリア

中環

その他

その他の香港島

上環

尖沙咀

湾仔

MY SWEET HONGKONGMY SWEET HONGKONG

香港暮らし真っ最中!!香港暮らし真っ最中!!

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』