香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|粋|中環|甲斐美也子のCool & Sleek Hong Kong~香港を粋に楽しむ|Tycoon Tann(タイクーン・タン)
2015.08.27
中環

Tycoon Tann(タイクーン・タン)

広東料理店のニューフェースで、モダンと伝統の間にある、
ヘルシーで美しい料理たちを、心ゆくまで味わいたい
20150623-014.jpg

漢方薬の棚のような壁の引き出し。スタイリッシュなインテリアのベースは伝統文化にある。

世界中の美味しいものが集まる香港の街。でもやっぱり主役の中の主役といえば本格的な広東料理。新しい広東料理店が便利な立地にオープンというと、これはチェックをしないわけにはいきません!

香港最新の注目店といえば、中環のもっとも賑やかなウェリントンロード沿いに5月にオープンした「タイクーン・タン」。地上階には、バーコーナーの「MODバー」があり、高い天井と華やかなシャンデリア、そして壁一面に漢方薬用の棚をイメージしたという小さな引き出しがずらりと並ぶ壮観なインテリア。

さて、バーの奥の階段を昇っていよいよ2、3階を占めるレストランへ。下の階はモダン、上の階はクラシックさを強調しています。

広東料理を中心にしたメニューは、「高品質の食材を選び抜き、伝統的な料理をベースにしながら、調理法はヘルシーに、時には斬新な食材の組み合わせも用いています。香港人は新しいものが大好きですからね(笑)。プレゼンテーションも食事に楽しい驚きを加えるように工夫しまし た」と総シェフのンー・チュンプイ氏。


20150819-DSC09803.jpg

複数の有名広東料理店で20年の経験を経て、初めて総シェフに就任し、水を得た魚のように、情熱とこだわりに満ちた料理をどんどん繰り出すンー氏。

20150623-003.jpg

クラシックな3階部分のインテリアは、花鳥風月を描いた壁画がポイント。


20150623-DSC06998.jpg

ハンガリーのマンガリカ豚の叉焼豚288香港ドル。食事中に冷めないようにという気配りが嬉しい。

そんなシェフならではの、一番人気メニューが叉焼豚。最近の高級広東料理店では、叉焼豚にイベリコ豚を用いるのがちょっとしたブーム。そこでシェフは、あえて新しい食材の発掘を、とスタッフと共に3カ月間世界中の高級豚肉を試した結果、ハンガリー産のマンガリカ豚が、脂身が少なめながら、柔らかさと肉質のバランスが完璧という結論に達したそう。

2番目に人気が高いというメニューは、南シナ海で獲れる大きな蟹の半杯分を一皿に使うという、贅沢なベイクドクラブ。シェフは、この料理にぴったりなチーズも厳選しています。

半羽分でオーダーできるのが旅行者にも嬉しい北京ダックは、1羽2.5kgのダックを秘伝のソースでじっくりマリネしてから、さらに1日干して、水分を抜きながらも味をなじませるという、丁寧で伝統的な調理法。一方、同じ北京ダックながら、キャビアとキャビアオイルを組み合わせた、創作料理的一品もあるそうです。

20150623-DSC07017.jpg蟹肉、タマネギ、チーズを詰めたベイクドクラブシェル168香港ドル。
20150623-DSC07028.jpg

北京ダック 半羽328香港ドル、
一羽628香港ドル。

20150623-DSC07042.jpg

黒トリュフを添えた豆腐は揚げ豆腐風188香港ドル。

20150623-DSC07036.jpg

爽やかなプレゼンテーションと優しい味わいが嬉しい、冬瓜の蒸し煮、キクラゲとキノコ添え188香港ドル。

いまどきの広東料理店らしい特徴が、多くのメインディッシュをベジタリアンでいただけること。

たとえば、とろりと柔らかい冬瓜をくりぬいて、豆苗、白キクラゲやさまざまなキノコを入れた一品では、通常は鶏と金華ハムを使った上湯で蒸しますが、ベジタリアンスープで蒸すことも可能だそう。どちらも味わい豊かで、うっとりするほどの美味しさです。

ランチタイムは、地元の人に大好評の飲茶も楽しめます。こちらも高品質食材を丁寧に調理したヘルシーなものばかり!

20150623-DSC07007.jpg

右がほうれん草とコーラル・クラム貝の餃子、左が竹の子と黄キクラゲのベジタリアン餃子、共に1籠48香港ドル

20150623-DSC07009.jpg

アワビと鶏のタルト 1個78香港ドル。

20150623-DSC07045.jpg

アワビ、蟹、桜エビ、卵、金華ハムなどを使った炒飯 328香港ドルは絶品!

もちろんデザートも充実。紫芋の天然の色合いが、「水晶皮」とよばれる透明の皮に包まれて麗しいスイートスープは、黒糖と生姜でヘルシーさも満点! 

そしてタイクーン・タンでの食事の前後はもちろん、街歩きの途中の一休みや、ちょっと一杯というときに、単独でも利用したいお薦めスポットなのが、地上階のMODバー。モダンでエレガントなインテリアとぴったり合った、シノワズリなオリジナル・カクテルとともに、タイクーン・タンの厨房で作られる、点心の盛り合わせなどの軽食やおつまみも注文できるのです。

旅行の予定に組み込みやすい立地にある、優れものの新顔レストランとバー、ぜひお試しください。

20150623-DSC07060.jpg

紫芋の団子、沖縄黒糖と生姜スープ58香港ドル。

20150706-DSC07539.jpg

白酒や陳皮などを使った独創的なモダンチャイナカクテルを得意とするバー・マネージャーのジミー・チョンさん。

20150706-DSC07567.jpg

シナモン・インフューズ・ジン、レモングラス、果実茶などのカクテル「Yum Cha」110香港ドルと海老クラッカー。

PAGETOP

【粋】粋ガイド

粋 TOPへ

カテゴリカテゴリ

アート

エリアエリア

マカオ

尖沙咀

その他の九龍

上環

中環

灣仔

銅鑼灣

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』