香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|粋|その他の香港島|甲斐美也子のCool & Sleek Hong Kong~香港を粋に楽しむ|Tri (トリ)
2015.12.10
その他の香港島

Tri (トリ)

洗練されたコンテンポラリーなバリ料理を
レパルスベイで楽しむ、ロマンチックな名店誕生
20151126-DSC04785-2.jpg

水に浮かんだテーブルエリアでは、自然に囲まれたリゾート気分を味わって。

英国統治時代のリゾート地の名残を感じさせる優雅なエリアであり、風水も素晴らしい開運スポットとしても人気のレパルスベイ。

そのビーチ沿いにオープンしたショッピングモールPulseには、驚くほど個性的で魅力あふれるレストランが続々とオープンしているので、ぜひ都心から足を延ばして欲しいスポットです。中でも完璧な非日常空間で特別な時間を過ごせるレストラン2軒を、2回にわたり紹介します。

今回ご紹介する「Tri」は、香港では珍しいバリ料理のレストラン。レパルスベイの自然を一面の窓から眺めながら、竹や水、石などをふんだんに駆使して作りあげられたインテリアは、屋内にいながらにして大自然の一部になっているような居心地の良さと、目を見張るほどのロマンチックな雰囲気に満たされています。オープン1年経たずして、2015年度の香港人気レストラン上位に選ばれています。

20150726-DSC08322.jpg

バリから運んだ巨大な古木をそのまま丸ごとテーブルに。天井には、古い船の舳先が飾られている。

20151126-DSC04876.jpg

窓の外には雄大な景色が広がり、最高の風水というのも分かる気がする気持ちの良さに包まれる。

20151126-DSC04829.jpg

ベジタリアン料理でもある「ガドガドサラダ」100香港ドル。手前に小さなお餅が添えられている。

ここまで凝るのか?と驚かされる徹底した美しさは、以前に紹介したBIBOと同じLe Comptoirグループのお店と聞けば納得。そしてその完璧主義は、正統的なバリ料理に、コンテンポラリーなひねりを加えたその食事にも貫かれています。

例えば、温野菜にピーナッツソースをどっさりかけて食べるインドネシアの伝統料理「ガドガド」も、美しい一品に姿を変えています。きゅうり、ニンジン、サヤインゲンなどの野菜をキャベツで巻いて、インドネシアの味噌的食材テンペを加え、揚げたエシャロットを入れたピーナッツソースを添えた、ヘルシーで優雅なベジタリアンの前菜として人気を集めています。

20151126-DSC04901.jpg

鮮やかな肉の色を残したカルビ、「イガ・サピ」は絶品! 320香港ドル。

そしてバリではお祝いに食べるという肉料理は、48時間じっくりとスロークックしてカルビのうま味を引き出して、とろとろほろほろと柔らかく仕上げた絶品。これに、エシャロットやグリーンチリを使ったサンバルソースや、キュウリで包んだ野菜やピクルスの酸味で、肉のリッチな味わいとのバランスがほどよく、食欲がどんどん湧いてくる一品です。

20151126-DSC04854.jpg

目に鮮やか、口の中で繰り出される優しいハーモニーを味わいたいココナッツ・パンナコッタ。80香港ドル。

そしてデザートもバリの味を生かしながらもゴージャス! 人気のココナッツパンナコッタは、黒糯米のアイスクリームにココナッツを載せて、下には焼いたパイナップル、パンナコッタ、ナツメグ、レモンバジルの葉などバラエティ豊富な味わいが一つの器に美しくまとめられています。

いただいたすべての料理に共通しているのは、お馴染みの食材が使われながらも、バリスタイルのひと味違う風味やバランスを楽しめること。その秘密はシェフに会ってお話を聞いてすぐに分かりました。正確に言えば、「シェフ達」なのです。

このTriを支えるのは、フレンチを専門とするエグゼクティブシェフ、コナー・ビーチさんと、バリ料理専門のワヤン・ムスティカさんという2人のシェフ。

20151126-DSC04942.jpg

パリからBIBOの起ち上げで香港に渡ってきたコナーさんと、バリ出身のワヤンさんの名コンビ。

バリで代々料理人の家系に育ったワヤンさんの膨大なレシピの中から、香港のダイニングシーンを深く理解しているコナーさんが香港で喜ばれそうな料理を厳選し、美しいプレゼンテーションやよりグレードの高い食材を使って磨き上げたのがTriの料理なのだそう。「2人で2~3カ月かけてアラカルトメニューを作りあげました」とコナーさん。

バリ料理本来の味はそのまま残しつつ、フレンチのテイストを盛り込んで、ひねりを加えたコンテンポラリーなバリ料理の数々は、誰の口にも合いやすい味わいです。

昼はレパルスベイの自然と溶け合いながら明るい日射しの中で、夜は徹底的にロマンチックなムードの中で夢見心地に。週末のシャンパンのフリーフローが加わったブランチも見逃せません。

中心地から少し足を延ばしてでも行く価値のある珠玉のレストランで、格別なひとときをお過ごし下さい。

20150726-DSC08360.jpgバリテイストのカクテルも人気のバーエリア。
20150726-DSC08467.jpg

ブランコのような籠で寛ぎながらカクテルを。

20151126-DSC04776.jpg

バティックプリントの型をデコレーションに。

20150726-DSC08436.jpg夜にはまた違う表情を見せてくれる。香港で2015年度の最優秀インテリア賞も受賞。
20151126-DSC04792.jpg

神様の暮らす場所をイメージしたダイニングエリア。

PAGETOP

【粋】粋ガイド

粋 TOPへ

カテゴリカテゴリ

アート

エリアエリア

マカオ

尖沙咀

その他の九龍

上環

中環

灣仔

銅鑼灣

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』