香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|粋|その他の香港島|甲斐美也子のCool & Sleek Hong Kong~香港を粋に楽しむ|The Ocean(オーシャン)
2015.12.24
その他の香港島

The Ocean(オーシャン)

ロマンチック美食の新名所レパルスベイで
極上の創作シーフード料理と寿司を
20151126-DSC05047.jpg

神々しいような景色に包まれて楽しむ、美食とシャンパン。時間に余裕を持って訪れて、心ゆくまで浸ってください。

都心を離れて、ひと味もふた味も違う時間を過ごすことができる、レパルスベイの最新レストランの2軒目は、「The Ocean」。その名の通り、ゆったりと広がる大海原を眺めるだけでなく、まるでその中に漂うような幻想的なインテリアには、誰もが魅せられるはず。

すべての食器やグラス、家具や照明までが、店のコンセプトに合わせた特注品。たとえばワイングラスはバカラ、食器はエルメスなど、尋常ではないこだわりと美意識は、以前に紹介したBIBOや前回のTriと同じLe Comptoirグループならでは。

そしてそのこだわりは、もちろん食にも行き渡っています。海を愛するThe Oceanでは、持続可能な漁業で獲れるシーフードのみを使用することを宣言しています。

さっそく出していただいた前菜は、キュウリを珊瑚に仕立てて、マグロ、アボガド、レモン、柚、スダチ、生姜、チリ、青リンゴ、味噌、ディル、チャイブ、ディジョンマスタードなど、世界各地の美味しいものが巧みに組み合わされて、フレッシュで目の覚めるような美味しさを醸し出していることに驚きます。特に日本の影響がとても強いことにも気がつきますね。

20151126-DSC05003.jpg

一つ一つの食材が効果的に味や食感のハーモニーを奏でる一員になっているみごとな前菜。

20151126-DSC04980.jpg

昼は日射しがたっぷり入って明るい表情。


20151126-DSC05038.jpg

ロブスターを丸ごと使ったラビオリ。ここにしっかりとロブスターのうま味が含まれたソースを注いでからいただきます。

それもそのはず。エグゼクティブシェフのアグスティン・バルビさんは、アルゼンチン出身ながら、日本でシェフとして働いた異色の経歴の持ち主。

「魚の料理がとても好きで、これを極めたいと思っていたものの、アルゼンチンといえば肉文化。それで日本で修業をすることにしたんです」と流暢な日本語を操るアグスティンさん。スペイン料理のズリオーラで働いた後、三つ星和食として有名な龍吟でシェフとして勤めて、魚や日本の食材を扱う腕とセンスを磨いたそうです。

「日本で学んだのは、食材をシンプルに最大限に生かす料理。たとえばロブスター一匹を丸ごと使ったメインディッシュなら、ツメと尾とともに、手の部分と茸を包んだラビオリを添え、舞茸や木の芽をしらって、海と大地のバランスを1つの皿に取り入れています。白身魚とカリフラワーの料理では、カリフラワーをローストしたり、ピューレにしたり、あられ状にするなど、同じ食材を異なる味や食感にアレンジしながらも、全体のシンプルさを保つように工夫しています」

優しさと深さのある美味しさと美しいプレゼンテーションが、お店のコンセプトとぴったりはまっていて、一品ずつスタイリッシュな海洋冒険を楽しんでいる気分に!

20151126-DSC05021.jpg

繊細な味のバラエティが幾層にも重ねられた白身魚とカリフラワー。シェフのただならぬセンスがうかがえます。

20151126-DSC05067.jpg

優しい笑顔のアグさん! 香港の2015年度ベストシェフ賞も受賞。ぜひ日本語で話しかけてみて。

20151126-DSC05095.jpg

絶景を見ながら極上の寿司をいただけるカウンターは贅沢の極み。

そしてThe Oceanにはもうひとつ、とっておきの食の選択肢が用意されています。広いお店の中央にある「UMIバー」は、香港在住15年の寿司名人、君島友紀雄さんが担当する寿司カウンターなのです。

「持続可能性のある漁場からの天然もののいいネタばかり揃えてお待ちしています」と微笑む君島さん。カウンター席で、最高の海の景色を眺めながら、お客さんとのやり取りを通じてお好みの寿司を出す、おまかせスタイルが名人の腕の見せどころ!

20151126-DSC05073.jpg

「これからの季節は寒ブリやヒラメですね」と君島さん。

TheOcean_CuisineJune2015_MEDRES-08102.jpg

江戸前を得意とする君島さん。特に漬けには定評がある。

20151126-DSC05121.jpg

海底トンネル気分の神秘的インテリア。あちこちに水槽も。

一刻一刻変化する雄大な景色と合わせて、お店のインテリアもさまざまに表情を変えていきます。ディナーなら、ぜひ早めの時間に入って、徐々に沈んでいく夕陽を堪能しながら、闇に包まれた深海のような夜の雰囲気まで味わってみませんか。個性溢れる空間での美食を堪能してください。

20151126-DSC05124.jpg

クリスタルの食器やデコレーションに刻々と色を変える光があいまって、魔法のような美しさが醸し出されることも。

PAGETOP

【粋】粋ガイド

粋 TOPへ

カテゴリカテゴリ

アート

エリアエリア

マカオ

尖沙咀

その他の九龍

上環

中環

灣仔

銅鑼灣

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』