香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|粋|尖沙咀|甲斐美也子のCool & Sleek Hong Kong~香港を粋に楽しむ|酒鍋-The Drunken Pot(ドランクン・ポット)
2016.05.12
尖沙咀

酒鍋-The Drunken Pot(ドランクン・ポット)

暑い季節は夏バテ防止に! 世にも稀なお洒落火鍋店で
アイデア溢れる食を、1年中楽しみたい、
DSC07305.jpg

尖沙咀の新ビル内に2016年1月オープン。

冷え込む冬はもちろん、一年中香港で愛されているのが、ホットポットこと火鍋です。香港中に多数の火鍋店がある中、大人気を博している新感覚の火鍋店が、このドランクン・ポット。
「今までの火鍋店はどこも伝統的でローカル。そんな中で、カジュアルだけれどもお洒落で、誰にでも入りやすくて、食べ物はしっかり美味しくて、手頃な価格の火鍋店には、ニッチな需要があるのではないかと考えました」と教えてくれるのが、ドランクン・ポットのオーナー、ビビアン・シェクさん。ビビアンさんは、中環にある広東料理店、ライブンフーのオーナーとしても知られる、香港でも注目の若手実業家です。
2016-03-11 16.10.11.jpg

東西が融合した文化に生きるモダンな香港女性の姿を描いた、スタイリッシュな壁画が店のシンボル。

2016-01-25 13.48.00.jpg

6色揃った小籠包。赤がロブスター、オレンジが蟹粉、白と黒が黒トリュフなど、すべて天然の色。試行錯誤を繰り返してこの発色を実現したそう。78香港ドル。

ファッション業界に身を置く一族に生まれ育ったビビアンさんは、抜群のセンスとともに、徹底した凝り性も強みにしています。

「火鍋店のアイデアを思いついてから、6ヶ月かけてコンセプトを練り上げて、メニュー、レシピ、インテリアから食器類まで、1つ1つ考え抜きました」というだけあって、カジュアルといいながら、細部までこだわり抜いていることが、店に入るとすぐに分かります。

まず目を引くのが、香港女性を描いた壁画を特徴とするポップだけれどもエレガントでもあるインテリア。ビビアンさんならではのセンスです。

火鍋以外のメニューも充実しています。たとえば誰もが大好きな小籠包も、驚くほどカラフル! 帽子のような蓋を開けると姿を見せるので、場が盛り上がります。

「黒はトリュフ、赤はロブスターなど、食材の色を生かしてカラフルに作ってみました」とビビアンさん。テーブルで蒸し上げることもできますし、調理済みのものをお願いすることもできるそうです。

それではいよいよ、話題のお洒落火鍋を試してみましょう。

20160125-DSC07269-2.jpg

The Drunken Potと名付けられた火鍋は、パパイヤと海老のスープ、蟹とアサリのスープ、イカスミスープ、四川風スープ、潮州風サテスープという5種類の味を一度に楽しめて大人気。328香港ドル。

The Drunken Pot - Penguin-shaped fish balls (3).jpg

インスタグラムを湧かせたペンギンのイカボール。3個で88香港ドル。

全部で5つに分かれている鍋には、異なるスープと具が組み合わせられています。潮州の家系というビビアンさんが大好きな蟹は基本の魚介スープ、四川風の辛いスープ、タイ風のサテ味のスープなど、バラエティが豊かなので、集まった人たち全員が好みの味を見つけられます。

中央に置かれたパパイヤをあぶって火を灯すパフォーマンスも楽しさを倍増させ、パパイヤを煮込んでからのスープがまたとても美味しいという、華やかさと、美味しさと、楽しさが1つに集まっているこの火鍋セットは、ほぼ全員のお客さまが注文する代表的な一品です。

追加で頼めるさまざまな具も、工夫を凝らしたものばかり。たとえば夏にも火鍋を楽しんでもらおうと作られたのが、イカスミの黒を使ったペンギンのイカボール! 他にも海苔を挟んで丸めた湯葉を揚げた具や、アンガスビーフなど、質がよい食材を工夫したプレゼンテーションで出す、ビビアン風のメニューがずらり。

DSC07252.jpg

自家製湯葉と海苔のロール揚げ58香港ドル。

2016-01-25 13.57.53.jpg

アンガスビーフ肩ロース大238香港ドル。

20160125-DSC07256.jpg台湾の鍋で人気の滑らかな豆腐風の具、冰淇淋豆腐も取り入れている。花椒味とタロイモ味。1個58香港ドル。
Vivien Shek, Founder, The Drunken Pot (4).JPG

抜群のセンスとこだわりで魅力あるレストランを作り出すオーナーのビビアン・シェクさん。

まだ20代という若さと、華やかな外見が注目されがちなビビアンさんですが、インテリアからメニューから、とにかく1つも適当に置いたものがないドランクン・ポットにいると、彼女の情熱がすみずみまで行き渡っていることが分かります。

暑くなってくるこれからの季節に向けて、腕のいいバーテンダーがいるバーコーナーや、ヘルシーでカラフルなランチセットなど、次から次へと彼女のアイデアが形になって出てくるので、リピーターを飽きさせません。

一年中活用したい、オーナーの細やかな愛情に満ちたお洒落火鍋店、ぜひお試し下さい。

DSC07279.jpg

ビビアンさんのこだわりの好例が、追加用のスープを固めたボール。左が花椒味(18香港ドル)、右が日本酒味(25香港ドル)。

20160125-DSC07246.jpg

自家製のサトウキビジュースとローズヒップジュース、各25香港ドル。

20160125-DSC07289-2.jpg

個性的な色遣いの個室もあり。

PAGETOP

【粋】粋ガイド

粋 TOPへ

カテゴリカテゴリ

アート

エリアエリア

マカオ

尖沙咀

その他の九龍

上環

中環

灣仔

銅鑼灣

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』