香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|粋|銅鑼灣|甲斐美也子のCool & Sleek Hong Kong~香港を粋に楽しむ|Seafood Room(シーフード・ルーム)
2016.08.12
銅鑼灣

Seafood Room(シーフード・ルーム)

ロマンチックに、賑やかに。楽しく過ごせる新人気店で
世界のシーフードを最高の美味しさで美しくいただこう
IMG_4986a(1).jpg

エントランス近くには、竜宮城のような不思議な世界が広がっている。

毎月多数の新しいレストランがオープンする香港。その内容と規模、話題性と人気で群を抜くレストランが、銅鑼湾の新ビルにできたシーフード・ルームです。

ビルの入り口からエレベーターに乗るまでに、すでに迫力のある雰囲気に満たされつつ、最上階の26階にあるシーフード・ルームへ。

目の前には、約740㎡の空間が、贅沢に奔放に飾られて登場します。テーマはもちろん、海とお魚! ロシアを中心に世界に80店舗以上のレストランを持つレストラングループの、初アジア進出店ということもあって、どこかエキゾチックで大胆で華麗なインテリアのテイストには、ただ目を見張るばかり。

オーナーの友人であるというハリウッド俳優のエイドリアン・ブロディの描いた作品も飾られていて、本人がオープニング・パーティにも登場して話題になりました。

270°の眺望が広がるロマンチックなメインフロアに加えて、ビクトリアハーバーの絶景が広がる、185㎡のゆったりとしたルーフトップテラスも人気の的。香港でも最高レベルの新夜景スポットの誕生です。

DSC08613hr.jpg

ルーフトップテラスからの夜景は最高! 

DSC03033hr.jpg

メインフロアの大きな窓からも夜景が楽しめる。ロマンチックなビクトリアハーバー側には、2人席を多く設置しているそう。

DSC04690hr.jpg

189席という規模の大きいレストランで、刻々と変わる世界中からのシーフードの仕入れから調理までを仕切る、凄腕の総シェフ、ジェームズ・コーンウォールさん。

こんな華やかな空間でいただけるのは、どんなシーフード料理なのでしょうか。

「旬に合わせて世界中から、新鮮で最高品質の魚介類を仕入れています。調理法は1つの国のスタイルにはこだわらず、さまざまなスタイルを取り入れているんです」と教えてくれたのが、シーフード・ルーム総シェフのジェームズ・コーンウォールさん。

ニュージーランド出身のジェームズさんの前職は、ロンドンの有名シーフード・レストラン、J Sheekyの総シェフ。

「ロンドン時代は伝統的なスタイル、ここではモダンなプレゼンテーションを採用していますが、シーフードの基本的な処理や調理法は変わりません。とにかく食材の美味しさを最大限に発揮させることが大切です。さらに、常に持続可能性のある漁業によるシーフードを使用することも重視しています」

ではさっそく、ジェームズさんのシーフード料理を体験してみましょう!

瑞々しく甘味を感じる極上のランゴスティンの刺身に、クリーミーだけれども強過ぎないアボガドを組み合わせて、ほどよいボリューム感を加えつつ、黒トリュフとキャビア、チャイブが見事な味のハーモニーを奏でてくれる、ランゴスティンのタルタル。シンプルだけれどもツボを押さえた調理と、艶やかなプレゼンテーションで、まさにジェームズさんの真骨頂。

そしてシーフード・ルームの大きな特徴の1つに「東西2つのキッチン」があります。香港で愛されている海鮮料理を専門とする中国人シェフのキッチンがあり、水槽から選んだ魚介類を、伝統的なスタイルで調理してくれるのです。

「調理法は伝統的な広東料理のスタイルですが、プレゼンテーションはシーフード・ルームのスタイルになるように、私とシェフが綿密に打ち合わせています」とジェームズさん。

テーブルに運ばれてきた美しいロブスター料理は、確かに食べてみると、まさにロブスターと野菜をXO醤とともに中華鍋で炒めた香港の味! このアイデアは今後、香港の海鮮料理店に逆流入して行くかもしれません。

DSC04625hr.jpg

火山の噴火口のような皿に盛られたランゴスティンのタルタルは、うっとりする美しさと美味しさ。290香港ドル。

DSC04667hr.jpg

広東風ロブスターのXO醤炒め750香港ドル。

DSC04602hr.jpg

塩で創られた鯛に火を灯す、楽しいプレゼンテーション。この後、黒い布をかぶせて、塩を砕き割る。

新鮮な鯛のうま味を見事に封じ込めた美味しさと、テーブルが盛り上がる楽しさを同時に実現しているのが、鯛の塩釜焼き。

鯛を、鯛の形をした塩の塊で包んで焼くと、骨が縮まず、水分が外に逃げないため、完璧な蒸し焼きが完成します。

日本にも地中海にもあるこの調理法、シーフード・ルームでは、テーブルの横で鯛に火を灯し、まるでマジックショーのように食べる準備を整えてくれるのです。

美味しさと楽しさ、景色とインテリアの美しさ、すべてがバランス良く整ったシーフード・ルーム。

デートでもグループでも、本格的な食事でもルーフトップやバーコーナーでの一杯でも、さまざまな利用の仕方ができるのが魅力的。楽しい時間を過ごしにぜひご利用ください。

DSC04617hr.jpg

レモンとライム、タイムなどのハーブも一緒に塩の中に封じ込められて、ふわふわに仕上がった鯛の塩釜焼き。650香港ドル。

Sunday Brunch - Seafood Room7.jpg

大好評のサンデーブランチ。シベリアチョウザメのキャビア、豪華なシーフード・ブッフェ、メインディッシュにデザートで598香港ドル。338香港ドル追加でペリエジュエのシャンパンとカクテルがフリーフローに。

香港へは、あなただけのオリジナルツアーで出かけませんか?
フライトやホテルの空き状況に応じてリアルタイムに旅行代金が変動し、その時点で一番お得なツアー(当社比)をお求めいただけ、大変お得な「ダイナミックパッケージ」。
お得なツアーを今すぐチェック>>
※旅行企画・実施:キャセイホリデージャパン(株)


PAGETOP

【粋】粋ガイド

粋 TOPへ

カテゴリカテゴリ

アート

エリアエリア

マカオ

尖沙咀

その他の九龍

上環

中環

灣仔

銅鑼灣

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』