香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|粋|中環|甲斐美也子のCool & Sleek Hong Kong~香港を粋に楽しむ|Buenos Aires Polo Club(ブエノス・アイレス・ポロ・クラブ)
2016.09.23
中環

Buenos Aires Polo Club(ブエノス・アイレス・ポロ・クラブ)

こだわり抜いたアルゼンチン・ビーフと丁寧な料理を
1950年代の会員制クラブの優雅な雰囲気の中で味わう
DSC06862hr.JPG

渋さの中にも、会話が弾む陽気さが感じられるのが魅力のインテリア。

ナイトスポット蘭桂坊(ランカイフォン)にあるLKFタワーは、人気の高い各国レストランが揃うグルメスポット。今年5月に7階にオープンした「ブエノス・アイレス・ポロ・クラブ」は、1950年代のブエノス・アイレスで華やぎの中心にあった、上流階級が集まる会員制ポロ・クラブのステーキハウスをコンセプトにしています。

重厚で優雅な空間に、ポロの競技や馬を描いた多数の油絵や、ポロの道具などが飾られて、賑やかな現代の蘭桂坊にいることを忘れる、別世界の雰囲気です。そしてここでいただけるのは、もちろん本格的なアルゼンチン料理!

「アルゼンチンの主食といえばやっぱりビーフ。牧草を食べて育った牛は、ミネラルの味がして、歯ごたえがあります。脂がのった和牛とはまったく違う味わいです」と教えてくれるのが、ブエノス・アイレス・ポロ・クラブの料理長、フェリッペ・ロペスさん。

DSC06685hr.JPG

見て、匂いをかいで、口に含んで、かみしめて・・・・・・じっくり味わいたいアルゼンチンのジェネラル・ピコ産サーロインステーキ(14oz=約396g)298香港ドル。

ブエノス・アイレス・ポロ・クラブは、多数の話題店を抱えるレストラングループ、ブラックシープの傘下にあります。

「ここで扱っているビーフは、ブラックシープ共同オーナーのクリストファー・マークが、アルゼンチン各地で、牛の体型、牧場の地形、食べさせている餌までこだわり抜いて、ここのこの牛!と絞った、ブエノス・アイレスの有名な牧草地ジェネラル・ピコからのもの。放牧されて、豊かな土壌で育った牧草だけを食べて育っているんですよ」

一見豪快に焼き上げられたサーロイン・ステーキも、洗練されたステーキハウスというコンセプトとともに、アルゼンチンより繊細な舌の持ち主が多い香港に合わせて、シェフもさまざまな工夫を凝らしています。

「通常、ステーキは高温で焼きますが、この肉の脂肪の量や食感などから、中火で焼いて肉汁をたっぷり残すようにしました。高温で焼かないと生まれない焦げ色や香りは、ドライパセリなどのハーブで肉をマリネすることで、焼き上げている間に焦げた香りや色味が肉に加わるようにしています」

DSC06650hr.JPG

フォンティーナチーズとプロボレータチーズに、ステーキに使うハーブなども混ぜて熱して溶かし、ガーリックトーストを添えて。プロボレータ 128香港ドル。

DSC06721hr.JPG

ガーリック・ベシャメルソースにほうれん草を和えて、ほうれん草ピューレで風味を濃くし、グラーナ・パダーノ・チーズをかけて焼き色を付けた一品。クリーム・スピナッチ98香港ドル。

DSC06801hr.JPG

ブエノス・アイレス・ポロ・クラブ総料理長フェリッペ・ロペスさんはカリフォルニア出身。香港在住4年目。

一見シンプルに見えるブエノス・アイレス・ポロ・クラブの料理。しかしステーキと同じく、サイドディッシュ1つ1つにまで、美味しさをアップするひねりや工夫が加えられています。

「クリーム・スピナッチなら、ほうれん草のピューレを加えることで、濃厚な風味が格段に上がっています。チーズ料理のプロボレータは、アルゼンチンではチーズを乾燥させて焼く豪快な料理ですが、とても固いので、舌の肥えた香港のお客様にはワイルド過ぎるんです(笑)。ですから料理自体の風味はそのままにして、よりクリーミーなフォンデュ風に仕上げました」とフェリッペさん。

アルゼンチンの味や伝統的ステーキハウスならではの魅力を残しつつ、より洗練されて深い味わいを楽しめるフェリッペさんの料理は、さっそく高い人気を博しています。

そしてブエノス・アイレス・ポロ・クラブの魅力とは、「豪快だけれども優雅、シンプルに見える中のこだわり」という個性が、インテリアから食事、デザート、カクテルにまで、見事に統一されていることにあります。

フェ リッペさんと息の合ったところを見せるペストリー・シェフは、バニラアイスクリームにウィスキーをかける伝統的デザート「ドン・ペドロ」を美しくアレンジ。底にチョコレートケーキを敷いたり、焼いたクルミを添えたりすることで、味と食感のバラエティとバランスがぴったり決まっています。

DSC06772hr.JPG

メープル・ウィスキーのドン・ペドロを注いでいただく豪快なデザートも、都会的な美味しさに変身。ドン・ペドロ108香港ドル。

DSC06778hr.JPG

くりぬいたパイナップルに、焼きパイナップル、ココナッツケーキを詰めて、ココナッツ・ラムで作ったシャーベット風のグラニータを載せ、パッションフルーツのソースを注いだ、アナナ・ア・ラ・プランカ108香港ドル。

DSC06864hr.JPG

評判の高いシックなバーエリア。

エントランス近くのバーエリアは、紳士の隠れ家クラブの気分で、極上のカクテルが飲めると密かな人気。

中でも炎を使った仕上げの演出によって紳士のステーキハウスをカクテルで表現したような「ミ・グラン・シガロ」は、コーヒーやコニャックをインフューズしたラムをベースに、タバコの葉を使ったスモークを合わせるという凝った一杯。マッチョなイメージですが、飲んでみるとまろやかでスムーズ。

日本ではほとんど食べることができないアルゼンチン・ビーフや珍しい料理、カクテルの数数を、優雅だけれどもリラックスできる雰囲気の中で、ぜひお試し下さい。

DSC06836hr.JPG

シガーは吸えなくても、シガーの奥深い魅力を封じ込めたようなまろやかなカクテルなら手軽に! ミ・グラン・シガロ168香港ドル。

DSC06825hr.JPG

ジンベースにイチゴとカラーピーマンを加えた、食べる感覚のあるセイボリー・カクテル、ベラース148香港ドル。

香港へは、あなただけのオリジナルツアーで出かけませんか?
フライトやホテルの空き状況に応じてリアルタイムに旅行代金が変動し、その時点で一番お得なツアー(当社比)をお求めいただけ、大変お得な「ダイナミックパッケージ」。
お得なツアーを今すぐチェック>>
※旅行企画・実施:キャセイホリデージャパン(株)

PAGETOP

【粋】粋ガイド

粋 TOPへ

カテゴリカテゴリ

アート

エリアエリア

マカオ

尖沙咀

その他の九龍

上環

中環

灣仔

銅鑼灣

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』