香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|粋|中環|甲斐美也子のCool & Sleek Hong Kong~香港を粋に楽しむ|Mott 32(モット32)
2015.03.26
中環

Mott 32(モット32)

幻想的でクールなインテリアで、
しっかり美味しい広東料理に酔いしれる

ここ最近、日本のメディア関係者や友人が香港に来るので会食を、という時に、迷わず最初に選んでいるのが、中環の広東料理店、Mott 32。

そんな時考えるのは、基本がしっかりした広東料理を中心にしたメニューで、食べる人を選ばないこと。世界中あちこちで素敵な店に行き慣れていたり、香港には何度も来ている人たちでも、「こんな店、見たことがない」と驚いてもらえるインパクトがあり、美しく非日常的で、香港らしいインテ リアであること。そんな条件が、Mott 32ではすべて満たされています。

20150319-DSC01779.jpg

店に入ると、広々と目の前に広がるメインダイニング。大人にふさわしい空間。

そして「中環のスタンダード・チャータード銀行本店地下」という、香港に慣れている人、慣れていない人、どちらでも確実にたどり着ける立地でありながら、「こんなところにお店があるの?」という隠れ家感もあって、中に入る時にドキドキするイベント性がある・・・・・・。2014年春にオープン以来、取材でもプライベートでも、何回も行っていて、今のところまだこれを超えるバランスの取れた店が現れていません。

IMG_6309.jpg

アンティーク風の多彩なランプを組み合わせながら、この統一感は、デザイナーのただならぬセンスの賜物。コンクリ打ちっ放しの壁への壁画も冴え渡っている。

Mott 32のキーパーソンは2人。オープン前にその面々を聞いた途端に、太鼓判を押したくなりました。その1人が、インテリア担当の香港人女性デザイナーのジョイス・ウォン。彼女の名前を知ったのは、金鐘にあるAMMOというレストランのオープン時。そこでのアールデコのモダンな解釈が素晴らしかったので、彼女が19世紀末のニューヨークのチャイナタウンをモチーフにしたチャイニーズレストランを手がける、と聞くだけで期待に胸が高鳴りました。

そして、その期待を上回る世界がMott 32には広がっていました。広々としてスタイリッシュなメインダイニングだけでも、あっと言わせることができますが、このお店を訪れたら、ぜひ店内をぐるっと一周して下さい。思い思いのアイデアに溢れたエリアがいろいろあるのです。中でもその発想の面白さが光るのが毛筆が並ぶコーナー! 当たり前のアイ テムで、こんな素敵なデコレーションができるとは。あらゆるエリアに、ミステリアスな美しさが溢れています。

20150319-DSC01789.jpg

人気の高いオリジナルカクテルが揃うバーコーナーに向かう途中に、こんなアンニュイな女性が。

DSC02873.jpg

毛筆がインテリアの主役になっているコーナーは、鏡張りの不思議な空間。

20150319-DSC01802.jpg

店名の由来は、ニューヨークのチャイナタウンの起源となった雑貨店。それをイメージしたそろばんが天井に。

DSC02894.jpg

イベリコ豚の叉焼豚295香港ドル。1日の販売数に限りがあるので、席の予約と同時に予約をお勧め。

もう1人のキーパーソンは、もちろんシェフ。Mott 32の総シェフを務めるのは、馮文業(ファン・マンイプ)氏。この方は、元は湾仔のホテル、ルネッサンス・ハーバービューの名店ダイナスティー(満福楼)で、叉焼豚や北京ダックなどの焼き物名人として知られた有名シェフなのです。

彼の代表的な料理の1つが、このイベリコ豚の特に柔らかい首の後ろの肉のみを使った叉焼豚(焼き豚)。先日、その調理風景を厨房で見学させていただきました。シェ フ秘伝のソースを塗り込んでから大きな専用釜で15分焼き、その後に蜂蜜に漬け込んでから、さらに15分焼いて仕上げるのだそうです。

名人の技が光る、柔らかくて、肉の旨みがたっぷりで、ほのかな甘みもかぐわしいこの叉焼豚は必ず試してみたい一品です。



DSC00895.jpg

黒豚とうずらの卵が入った焼売にキャビアが載ったゴージャス点心。2つで60香港ドル。

ランチタイムは何と言っても飲茶が人気です。食べると厳選された高品質の食材を丁寧に扱って調理していることがすぐ分かる飲茶メニューには、キャビアを載せた黒豚の焼売などがあり、クラシックな味に一工夫が加えられています。

20150319-DSC01812.jpg

海老や干帆立貝などが入って旨みたっぷりのスープ入り餃子。1つ95香港ドル。

DSC00902.jpg

贅沢に南オーストラリア産ロブスターとユンナンハムを使った蒸し餃子は、もはや一品料理の迫力。1つ110香港ドル。

20141006-440.jpg

こちらが厨房内にある叉焼豚専用釜。丁寧に作られているのが分かります。

とても嬉しいのが、おかず系メニューの充実ぶり。例えばお馴染みの酢豚も、黒酢を用いて、パイナップルの代わりにドラゴンフルーツを使うことで、爽やかさが増してモダンでヘルシーな美味しさが加わります。デザートは、三つ星有名フレンチで働いていた香港人パティシエが、お洒落な広東にふさわしい新メニューをせっせと開発中ですので、ぜひ試してみてください。

今の香港らしさを、目から舌から、ここ一軒で満喫できるMott 32。昨年は香港の人気レストラン投票でナンバーワンに輝いた他、インテリアでも多数の国際的な賞を受賞しています。しばらくは私のお勧めの店第一位の座をキープしてくれそうです。

DSC02891.jpg

熟成させた黒酢を使って調理しているので風味が豊かな酢豚。180香港ドル

20150319-DSC01837.jpg

店に降りる階段の途中で。いたるところにうっとりするような仕掛けが用意されている。

20150319-DSC01855.jpg

開運スポットとしても有名なエリアの銀行の地下にある。

PAGETOP

【粋】粋ガイド

粋 TOPへ

カテゴリカテゴリ

アート

エリアエリア

マカオ

尖沙咀

その他の九龍

上環

中環

灣仔

銅鑼灣

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』