香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|食|中環|男がハマる|The Butchers Club Burgers(ザ・ブッチャーズ・クラブ・バーガーズ)
2016.04.15
中環 (セントラル)

The Butchers Club Burgers(ザ・ブッチャーズ・クラブ・バーガーズ)

自家製ドライ熟成ビーフを注文ごとに挽く
こだわりのマッチョなハンバーガーが大人気
BK7U8294_5_6_7_8_fused O1-P.jpg威勢のいいシェフたちが元気に働き、熱気が伝わるオープンキッチン。カウンター席でパワーを充填しよう。

雲呑麺からフレンチビストロまで、ありとあらゆる世界のカジュアルフードが揃う中環の激戦区で、一日中賑わうグルメハンバーガー店がザ・ブッチャーズ・クラブ・バーガーズ。2016年度香港マカオ版ミシュランでは、ストリートフードのカテゴリーに「香港最高のハンバーガー」としてリストされています。
店内のオープンキッチンには、Tシャツにタトゥー姿のシェフたちが、エネルギッシュに動き回っていて、活気に満ちた男の世界を作り出しています。今では、香港、シンガポール、バリにまでネットワークを広げつつあるブッチャーズ・クラブ。その始まりは、アバディーンのブッチャー(肉屋)でした。

「10年以上、ドライ熟成ビーフを使った、伝統的でアルチザンのブッチャーを始めることを考えていて、2014年についに実現させました」と、創業者のジョニー・グローバーさん。
「倉庫街のビル内の広いスペースに、肉の乾燥熟成のための理想の設備を整え、南オーストラリアの契約農家から輸入したアンガス牛をじっくり熟成させています。そして、その中にテーブル1卓のプライベートキッチンを備えて、自家製熟成肉を食べられるようにしたところ、口コミで評判になりました」と、ジョニーさんに加わってブッチャーズ・クラブを支えているアーリック・パサードさん。
「僕たちは牛を一頭丸ごと輸入するため、ステーキにする部分を取り出しても、高品質のドライ熟成ビーフの首、バラ、ランプ(尻)がたっぷり手元に残るのです。これを生かすために、ハンバーガー店を始めました」とアーリックさん。

BK7U8339 1a O1-P.jpg

左から創業者の一人、アーリックさん、シェフのカレブさん、ザ・ブッチャーズ・クラブ・バーガーズのジェネラル・マネージャーのチェイスさん。

IMG_8672_c 2.jpg

創業者のジョニー・グローバーさん。

BK7U8330  O1-P.jpg

ブレックファスト・サンドイッチ50香港ドル。

カジュアルでマッチョなムードの中で、高品質を保つ頑固なこだわりがうかがえるのが、「ハンバーガーに使う肉は、注文が入った時に、店頭で挽いているんです。そして添加物や充填物は完全不使用、他の材料もすべて自家製にこだわっています」というジョニーさんの言葉。

朝8時から営業しているので、ランチやディナーはもちろん、ガッツリ系の朝ご飯にも活用できます。

「ブレックファスト・サンドイッチには、ディン グレー・ベルというイギリスのオーガニックベーコンと、目玉焼き、チーズそしてハッシュブラウンを挟んでいます。これだけでその日一日のパワーがつくでしょ」とアーリックさん。

そしてブッチャーズ・クラブ・バーガーズには、「シークレット・メニュー」がいくつかあるのです。その1つで、金曜の夜、飲み過ぎてしまった人向けの土日と祝日の12~16時限定メニューとして、赤い目をこれですっきりさせて!? と言いながらも究極にこってりとしたバーガーが、「レッド・アイ・リダクション」。160グラムのドライ熟成ビーフのパテ、チェダーチーズ、メープルシロップで焦げ目を付けたベーコン、目玉焼き、ハッシュブラウン、オランディッシュソースを、なんとフレンチトーストで挟んだという禁断の味です。

BK7U8359 O1-P.jpg

レッド・アイ・リダクション120香港ドル。


BK7U8375 O1-P.jpg

ダブル・ハッピネス180香港ドル。

究極のボリューム感で人気のシークレット・メニューが、「ダブル・ハッピネス」。極上のバーガーパテ、メープルシロップベーコン、チーズなどすべてがダブルになって、仕上げはステーキナイフで突き刺された、この巨大バーガー。美味しさも迫力もカロリーもダブル! 思い切り口を開けてガッツリと行けば、ダブル効果で開運するかもしれません!?

「日本の男性にお勧めです」とジョニーさんが推す、もう1つのシークレット・メニューが、「ウー・タン・バーガー」。タイのシラッチャソースで炒めたドライ熟成パテ、熟成チェダーチーズ、自家製キムチ、サツマイモの天ぷら、キューピーマヨネーズという東西の味を混ぜ合わせたバーガーなのです。個性溢れる味なので好き嫌いは分かれますが、ツボにはまると病みつきになるそう。思い切ってマッチョに、新しい味に挑戦してみてください!

BK7U8441 O1-P.jpg

ウー・タン・バーガー120香港ドル。

33.jpg

店頭でオーダーごとに極上のドライ熟成ビーフを挽くグラインダー。

29.jpg

カウンターの奥にある個室はデカダントでマッチョなインテリア。

PAGETOP

【食】食ガイド

食 TOPへ

特集特集

香港発・世界に認められた多彩なトップアワード受賞店特集

尖沙咀の人気スポット「The One」特集

大都会香港にひっそり佇む隠れ家スポットで特別な食体験特集

アジアで西欧気分を体験!ヨーロピアンスタイルの香港特集

極上の贅沢カフェ特集

ショッピングからスイーツにレストランまで 一人旅女子にオススメのお店特集

香港随一の飲茶特集

ヘルシーレストラン特集

夜景の見えるレストラン&バー特集

カテゴリカテゴリ

レストラン・バー

インターナショナル

四川料理

広東料理

北京料理

上海料理

その他の中国料理

飲茶

ローカルグルメ

ローカルスイーツ

ロハスフード

カフェ&スイーツ

エリアエリア

尖沙咀

旺角

その他の九龍

上環

中環

金鐘

灣仔

銅鑼灣

その他の香港島

その他

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』