香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|泊|尖沙咀|香港ホテル案内~泊まるだけではない楽しみを|Palm Court(パームコート)-The Langham, Hong Kong
2016.01.25
尖沙咀

Palm Court(パームコート)-The Langham, Hong Kong

フランスのラデュレ、イギリスのウェッジウッドとコラボ!
ヨーロッパの粋を結集させた華やかなアフタヌーンティー
20151006-DSC01880.jpg

ウェッジウッドがランガムグループのために作った特別デザインの「ランガムローズ」。紅茶の茶葉もウェッジウッドブランドのものを使用。

尖沙咀の中心で愛されるザ・ランガム。前回ご紹介した25年の歴史ある広東料理店・唐閣は、まさに香港の伝統を象徴するお店でした。第2回の今回ご紹介するのは、ザ・ランガムのロビー横にあるラウンジのパームコート。

一日中ホテル内外のお客様で賑わうこのラウンジは「英国との長いつながり」という香港らしさ、そしてロンドンを発祥の地とするザ・ランガムらしさを象徴する場所です。

ランガムホテルグループは、日本人にとって親しみ深い英国の食器ブランド、ウェッジウッドとパートナーシップを長年続けていて、ホテル内で使われている陶磁器のほとんどがウェッジウッド製。

中でも注目は、ランガムグループ限定デザインの「ランガムローズ」です。優雅でスマートなランガムらしさが表現されています。

このパームコートで一番人気は、エレガントなアフタヌーンティー。午後にパームコートに足を踏み入れると、あちこちのテーブル脇に背の高い3段トレイがおかれて、楽しいお喋りに花を添えています。

20151217-DSC05948.jpg

優雅さに満ちたスタンド式の3段トレイでいただく、ラデュレのアフタヌーンティー。

「パームコートでは、ウェッジウッドとコラボしたアフタヌーンティーを扱っています。これをさらにパワーアップさせたのが、マカロンで有名な1862年創業の老舗、フランスのラデュレと提携した新アフタヌーンティーです」と、第1回にもご登場いただいたザ・ランガムのF&B(飲食部門)ディレクター、シェーン・ウィルキンスシェーンさん。

「最初にラデュレ側と会い、製品を見た時に一目で気に入ったのが、美しいピンクと水色のマカロン『マリーアントワネット』の色遣いでした。これがランガムのシンボルカラーである上品なローズピンクとマッチしていました」

そして世界中のランガムで使用されている香り 『ジンジャーフラワー』を使った限定マカロンをラデュレ本社が開発・製造。フランスから香港に送られてくる仕組みを整えたそうです。
「ランガムとラデュレという2つのブランドの個性と魅力を共存させて表現して、お互いを高め合うことが大切なのです」。

それではさっそくラデュレアフタヌーンティーを見ていきましょう。最上段には、特製ジンジャーフラワーマカロンが。甘くて優しい香りを味覚で味わった後に、ジンジャーのソフトな刺激が訪れます。

そしてランガムを代表するデザートのブルーベリーチーズケーキには、ラデュレを 代表するブルーベリークリスタルが載せられています。さらには、ホワイトチョコレートのロリポップ、柚のチーズタルトなど、甘さと爽やかさのバランスの いい一流のスイーツばかり。

2段目はラズベリーエクレア、70%ダークチョコレートケーキ、緑茶ピスタチオケーキ、ダークチョコレートケーキなどに加えて、伝統的なフランス菓子のジンジャーブレッドのカヌレが並んでいます。3段目は美味しさが評判のセイボリー(塩辛いもの)。マッシュルーム・トリュフパフ、ハムとアプリコットのサンドイッチ、ハム&チーズのキッシュなど、味と食感と見た目のバラエティが豊かで飽きさせません。

3段トレイの他にも、ローズとラズベリージャム、クロテッドクリームを添えた自家製スコーンも別の皿で登場。これに華やかなウエッジウッドの紅茶やお茶を、ランガムローズのカップ&ソーサーでいただけば、誰もが淑女の気分に。

「セイボリーもとても人気なので、セイボリーだけを集めたティーセットも考案しています。現在は予約でのみお出しすることができますが、まもなく通常のメニューにも掲載される予定です」

20151217-DSC05957.jpg

ランガムカラーのローズエクレアや緑茶ピスタチオケーキなど、カラフルでしっかり美味しいスイーツが続く2段目。シェーンさんの大好物はジンジャーブレッドのカヌレだそう。

036.jpg

1つずつ丁寧に作られたセイボリーが並ぶ3段目も、お酒のおともにもなるとファンが多い。

20151005-DSC01817.jpg

初めて見るハーブの生演奏に見とれる女の子も。家族連れから友だち同士、カップルでも、誰もが気分のいいひとときを過ごせる場所。

華やかさと落ち着きが両立した空間に、優雅さを加えてくれるのがハープやピアノなどの生演奏。日常を忘れさせてくれる一流ホテルならではの演出です。尖沙咀での買いものや観光の途中に、特別な時間を過ごしに訪れてみてください。
20151006-DSC01882.jpg

お茶やコーヒーの他にグラスのシャンパンと一緒に楽しむこともできる。

The.Langham.Hong.Kong.Afternoon.Tea.with.Wedgwood.medium.shot1M.jpg

ウェッジウッドアフタヌーンティーも人気メニュー。

20151006-DSC01930.jpg

パームコート前にあるショップには、ランガムカラーとチェックの「ランガムベア」も販売されている。

20151217-DSC05877.jpg

優しくて明るい色遣いのインテリアで、気持ち良く眠ることができそうな寝室。

<宿泊もしてみたい方へ>

パームコートでのアフタヌーンティー、そのままのエレガントなムードがあるのが、ランガムスイート。なんとウェッジウッドのトレイを使ったミニアフタヌーンティーがゲストを迎えてくれます。

ルームフレグランスは、もちろんジンジャーフラワー。繊細に描かれた壁紙には、東西の美が優しく融合されています。

飲食から宿泊まで、同じ世界観と美意識でまとめられているところも、一流ホテルならではの魅力です。

20151217-DSC05861.jpg

ランガムスイートのリビングルーム。美しい刺繍があしらわれた椅子も素敵。

Langham Suite Bathroom.jpg

気持ちのいいバスタイムが待っている!

20151217-DSC05883.jpg

スイートルーム備え付けのミニアフタヌーンティーは日本でもお馴染みのワイルドストロベリー柄のトレイに。

ザ・ランガムの第1回記事はこちら

PAGETOP

【泊】泊ガイド

泊 TOPへ

カテゴリカテゴリ

SPA

バー

レストラン

ベーカリー

ラウンジ

エリアエリア

尖沙咀

その他の九龍

中環

金鐘

灣仔

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』