香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|泊|尖沙咀|香港ホテル案内~泊まるだけではない楽しみを|Peninsula Wellness Journey (ペニンシュラ・ウェルネス・ジャーニー)-The Peninsula Hong Kong
2016.03.01
尖沙咀

Peninsula Wellness Journey (ペニンシュラ・ウェルネス・ジャーニー)-The Peninsula Hong Kong

歴史あるホテルの美と食の贅沢なパッケージで、
夢のように清らかな半日を過ごしてみませんか
DSC08875.jpg

創業時からの建築にタワー棟を加えているペニンシュラ香港。カスタムメイドのペニンシュラグリーンのロールスロイス14台を揃えている。

重厚な扉を開くドアマンの優しい微笑みに招かれて、ペニンシュラ香港のロビーに足を踏み入れただけで、ここが特別な空間であることが分かります。
どこまでも高い天井を持つ、広々として優雅なロビーとラウンジには、一日中楽しそうな会話や、創業時から使い込まれた銀食器が優しく奏でる音、弦楽四重奏の美しい音色などが混ざり合って、豪華だけれども親しみやすさもある、居心地の良さが醸し出されているのです。
欧米とアジアをつなぐ、豪華客船やシベリア鉄道の乗客で賑わっていたという1928年の創業時にも、同じような空間がここにあったのだろうかと思いを馳せるのも、格別なひとときです。
「長年愛されている多彩なレストランやバー、スパ、ショッピングモールなど、非常に充実した設備やサービスが揃っていますので、客室数300室の宿泊者以外のお客様のご利用率が大変高くなっています」と説明してくださるのは、今回のナビゲーターで、ペニンシュラ香港のホテルマネージャーを務める大場正久さん。そう、この歴史あるホテルを日々切り盛りしているのは日本人の敏腕ホテルマンなのです!


DSC08783.jpg

この扉をくぐり抜けて、ペニンシュラの世界へようこそ。

DSC08764.jpg

ホテルの表玄関のロビーラウンジは、有名なアフタヌーンティーやお茶の時間はもちろん、カジュアルな食も驚くほど高品質なので、ぜひお試しを。

DSC08293.jpg

ペニンシュラ香港のホテルマネージャー、大場正久さん。

かつてはアメリカや日本で多数の一流ホテルを渡り歩き、ペニンシュラ東京から2年前にペニンシュラ香港に移った大場さん。
「ペニンシュラ香港はホテルマンにとって、ドリームホテルなんです。『高品質のものを最高のサービスでお客様に提供する』という哲学自体は、多数のホテルが自認することかもしれません。しかし実際にここで働いてみると、あらゆることに、その徹底した姿勢を実感できて、嬉しい驚きの連続になりました」
世界中のホテルを内から知る方が、日々そこで働きながらも感動し続けるという、その魅力はどこにあるのでしょうか。
「もちろんヘリコプターからロールスロイス、贅沢なスパなど、これ以上何を加えるのかという充実した設備があり、そして建物自体が古くても、最新ホテルより最新鋭な装備を整えるメンテナンスの細やかさもあります。それに加えて、どんな小さなこと、例えばこのナプキン一枚にしても、その予算でこれを購入できるなら、さらに金額を足すことでもっといいものを使えるのではないか、という最上を追求する姿勢が徹底しているんです」と、手元にあったナプキンを見せてくれる大場さん。
そこには、キメの詰まった、しっかりした織りながら柔らかく、淡いけれども美しい発色の、目立たないけれども素晴らしい品質のナプキンがありました。

Spring Moon Mooncakes Production.jpg

親子二代でペニンシュラで働く人もいるほど、ペニンシュラ愛に満ちたスタッフが、最高のサービスを生み出すことを、経営陣は身をもって示しているという。

「しかしそんなあらゆる魅力よりもさらに大事なペニンシュラの良さは、スタッフを大切にしていることです。客室300室に対して900人もいるスタッフが生み出すサービスの細やかさ。そして最先端のコンセプトを取り入れる時には、速やかに徹底したスタッフトレーニングを一気に行います。SARS危機に際しても、1人もスタッフを解雇しなかったことが有名ですが、とにかくペニンシュラ香港はぶれません。こちらの方が安いから、と何かに妥協することはありません。お客様に見える表はもちろん、ゴミ捨て場でさえも同じぐらい清潔なんですよ」。

Harbour View Treatment Room.jpg

最高の景色が広がるスパトリートメント室。

そんな極上のホテル、ペニンシュラ香港で、ゆったりとしたひとときを過ごすのにお勧めな新プログラムが始まりました。それは「ペニンシュラ・ウェルネス・ジャーニー」。
「スパトリートメントとスパの設備と、プールサイドでのヘルシーなランチが組み合わされていて、半日を心ゆくまで寛いで過ごせると大変好評です」
トリートメントとしては、アーユルヴェーダとアロマセラピーを組み合わせた『サットバ』や、名門スパブランド『ESPA』などの2時間~4時間の厳選コースの中から1つを選び、絶景のドライサウナやクリスタルのある神秘的なスチームサウナ、リラクゼーションルームなど、とても贅沢な設備を利用できます。

DSC08201.jpg

トリートメントの前後に、ほっとするジンジャーやハーブのお茶を、ロビーやティーラウンジでゆったりと。

Crystal Steam Room at The Peninsula Spa.jpg

非日常的な空間に浸るスチームサウナ室。

DSC08197.jpg

竹をあしらった優しい窓のデコレーションからの柔らかい光に包まれて癒やしの時間を。

DSC08218.jpg

プールサイドのテーブルでいただくナチュラリー・ペニンシュラのランチ。野菜のグリルは見た目も味も栄養価も考え抜かれた見事さ。

スパトリートメントで夢心地のまま、プールサイドへ。「ナチュラリー・ペニンシュラ」は、オーガニックや持続可能性のある食材などを厳選し、ベジタリアンやビーガンに限らない、健康的な美食を目指したコンセプトです。
「2006年に始まったナチュラリー・ペニンシュラは、著名な栄養士のキム・マーフィーさんをアドバイザーに迎えて、パワーアップしています」と大場さん。
このウェルネス・ジャーニーには、前菜、メイン、デザートの3コースのランチメニューと、オーガニックハーブティーが含まれています。
たとえばこの日の前菜は、野菜のグリルとモッツァレラチーズのサラダに、セロリと黒トリュフのヴィネグレットドレッシング。他のチョイスは、スロークックしたチキンやサーモンのスープなど、栄養のバランスと味のバラエティ、彩りの美しさが完璧で、それぞれの食材は品質と出所の明らかなものばかり。香港最高の景色を眺めながら、スパトリートメントの後のすっきりした心と体に、優しく栄養が清らかに染み渡る、まさに五感が癒やされるひとときです。

DSC08224.jpg

メインはホタテ貝とエビのハーブバター焼きのほうれん草のソテー、ライムソース添え。ベジタリアンのメニューもあり。

DSC08229.jpg

チアシードがたっぷり入った、イチゴのコンソメとレッドベリーのシフォンシャーベットという幸せなデザート。

DSC08243.jpg

ハーブティーは、モロッコミント、カモマイル・オレンジブロッサム、バーヴィナ、ルイボス・タンジェリンなどから選ぶ。

Peninsula Moments - Victoria Harbour View from The Pool (mid).jpg

ビクトリア湾のすばらしい気を全身で味わえそうなこのプール、ぜひ泳いでみたいもの。

そして通常は宿泊客しか利用できないこの贅沢なプールで、ぜひ泳いでみたい方へ。スパトリートメントの後は、せっかくの高品質なオイルなどを流してしまいたくないですから、トリートメント前の利用がお勧めです。トリートメント予約時間の1時間前から使用ができるので、スパ受付にお越しください。
「忙しい香港で、ペニンシュラ香港の静かな環境の中、心も体も癒やしてください」と微笑む大場さんにとっても、このプールはお気に入りの空間だそうです。

Grand Deluxe Harbour View Suite - Bedroom.jpg

香港の中心にいながら、静かな安らぎに包まれている、グランド・ハーバービュー・リゾート・スイート。

<宿泊もしてみたい方に>
香港で最高のロケーションならではの景色を最大限に生かしつつ、クラシックな落ち着きのある客室。プライベートジェットや豪華ヨットなどをイメージした、スマートでエレガントなテイストを加えたインテリアに、滞在の快適性を追求して自社開発した、最先端の宿泊システムを備えています。
外出してしまうのが惜しくなりそうな、最高の滞在になるでしょう。

DSC08794.jpg

一面の窓からは香港の絶景が。花火を見るのにも最高のロケーション。

DSC08830.jpg

ほどよく上品なイースト・ミーツ・ウエストに魅せられる。

Grand Deluxe Harbour View Suite - Bathroom_H.jpg

香港の街並みとビクトリア湾を眺めながらのお風呂は格別。

PAGETOP

【泊】泊ガイド

泊 TOPへ

カテゴリカテゴリ

SPA

バー

レストラン

ベーカリー

ラウンジ

エリアエリア

尖沙咀

その他の九龍

中環

金鐘

灣仔

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』