香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|泊|中環|香港ホテル案内~泊まるだけではない楽しみを|Lobster Bar and Grill (ロブスター・バー・アンド・グリル)- Island Shangri-la Hotel
2016.05.02
中環

Lobster Bar and Grill (ロブスター・バー・アンド・グリル)- Island Shangri-la Hotel

すべてが一流の和やかダイニングで高品質の食を、
香港ナンバーワンのバーコーナーで新カクテルを味わおう
DSC01823.jpg

バニラ系の優しい香りが漂い、美しい生花があしらわれた極上のロビーには、クラシックの四重奏も流れている。

一流企業のオフィスに囲まれ、華やかな高級ショッピングモールのパシフィック・プレイスとMTR金鐘駅とも隣接するという、最高の立地にあるラグジュアリー・ホテル、アイランド・シャングリ・ラ。
高い天井を生かした迫力あるスペースに、白を基調にした明るさと優雅さ、モダンとクラシックが気持ちよく融合するこのホテル。足を踏み入れた瞬間から、ここではゆったりと、良いものだけを楽しめるので、自分はただリラックスすればいい、という安心感に満たされます。

中でも、広東料理の名店「夏宮」、麗しいアフタヌーンティーを堪能できるラウンジ、香港で日本食ブームが始まる前から定着していた「なだ万」など、それぞれキャラクターがしっかり確立された人気レストランのラインナップには、定評があります。

「伝統を守り、長年お客さまを惹きつけてきた個性や魅力を保ちながら、常に立ち止まらずにリフレッシュしていくのが私たちの流儀なのです」と、ナビゲーターを務めていただた、ホテル・マネージャーのマイケル・シェーファーさん。

DSC01798.jpg

アイランド・シャングリ・ラのホテル・マネージャー、マイケル・シェーファーさん。タイやシンガポールなどの一流リゾートホテルの後、約2年前から香港に。

「今日ご案内するロブスター・バー・アンド・グリルは、高品質だけれどもリラックスしたダイニングとバーで、宿泊客と地元のお客さまの割合が半々、という人気店です。特にバーは、アジアトップ50バーで4位、香港ではナンバーワン、世界でも18位という高い評価をいただいています」とシェーファーさん。

「ダイニングには、完璧なロブスターやビーフがあり、黒トリュフやホワイトアスパラガスなど旬のメニューがある。バーでは毎日生演奏が入って、素晴らしいカクテルを飲める、という基本は変わりませんが、世界中のトレンドをリサーチし、お客さまと常に対話しながら嗜好の変化をうかがうことで、リフレッシュを続けています」

それではさっそく、ロブスター・バー・アンド・グリルを体験してみましょう。

フランス、オーストラリア、アメリカ、日本など世界中から集まる食材を使った国際的な味が楽しめるロブスター・バー・アンド・グリルの食は、伝統的な定番と、シェフのケビン・リーさんの創意工夫溢れる新作メニューの両方から成り立っています。

DSC01724.jpg

ロブスターとアラスカ蟹のサラダ、シラッチャとマヨネーズ添え。355香港ドル。

「毎朝、ロブスターの頭を野菜と一緒に炒めて、2時間煮込んで作るロブスター・ビスクは、25年前の創業時からあるメニューです。他のレストランと違うのは、ロブスター以外の海老などを一切使わないこと。この料理のために、毎日20kgのロブスターを使っているんですよ」とケビンさん。

ケビンさんはアイランド・シャングリ・ラで勤続22年目という、まさにDNAをそのまま体現するベテランシェフです。

「こちらも20年以上前からの人気メニューなのが、ロブスターとアラスカ蟹のサラダ。タイのシラッチャソースと日本のキューピー・マヨネーズ、マンゴー、リンゴ、タイ産アスパラガスなどを組み合わせたフレッシュさ、甘さと辛さのバランスの良さで、毎日たくさんのオーダーが入ります」

ケビンさんは「家ではいつも日本のお米を炊いて食べてます。それにしてもキューピー・マヨネーズって、どうしてこんなに美味しいんでしょうね」としみじみ言うほど、日本の食材に惚れ込んでいるとか。

DSC01671.jpg

ロブスター・ビスク(写真は半量)190香港ドル。

DSC01675.jpg

ボストン・ロブスター590香港ドル。



DSC01704.jpg

大人が誘惑される味の、ブラックフォレスト・アイスクリーム。

世界最旬の食材を生かしたメニューが必ずあることも、ロブスター・バー・アンド・グリルの特徴です。取材時はホワイト・アスパラガスの旬の真っ最中。キャビアとザクロ、オーストラリアの有機野菜などと一緒に和えられた、フランス産ホワイトアスパラガスには、あっと驚く爽やかな甘さがありました。この甘さは、日本のぽん酢を組み合わせることで、引き出されているのだとか。さまざまな食材を組み合わせるシェフのセンスが、きらりと光る一品です。

「ホワイト・アスパラガスの旬は、フランスで4月、ドイツは5月なので、その時々に最高の場所から取り寄せています」

新しいデザートのスタイルとして大注目なのが、有名なドイツのケーキ「ブラックフォレスト」を再現したアイスクリーム! グラスに入ったキルシュ酒を最後に振りかけていただくと、何とも言えない深みのある美味しさにうっとりさせられます。

「実はホテルのGMのアイデアで、こういうアイスクリームを作りなさいと、指令が来たんです(笑)」

斬新なアイデアも奇をてらわず上品にこなすのが、アイランド・シャングリ・ラならではの技なのです。

DSC01664.jpg

季節のメニューから、ホワイト・アスパラガスとキャビアのぽん酢ドレッシング添え。290香港ドル。

Chef Kevin Lee of Lobster Bar and Grill.jpg

アイランド・シャングリ・ラで22年目というロブスター・バー・アンド・グリルのシェフ、ケビン・リーさん。そのうち18年はペトルースで偉大なシェフたちの下で学んできたのが財産だそう。

DSC01662.jpg

ハマチ、ホタテ貝、アボカド、グレープフルーツのセビーチェ300香港ドル。

DSC01681.jpg

ホワイト・アスパラガスのオランディッシュソースとローストチキンブレスト添え。360香港ドル。

DSC01740.jpg

クラシックな中にも、水槽を備えるなど、遊び心もあるインテリア。

DSC01791.jpg

香港に来たばかりという、注目の新バーテンダー、バラーズ・モナーさん。ジャケットにネクタイから、カジュアルなスタイルでのサービスに、バー自体も転換中。

それではいよいよ、香港ナンバーワンのバーコーナーへと移動しましょう。実は、この4月から、ロブスター・バーを率いていた名バーテンダーのアグング・プラボウォさんに変わって、ハンガリー出身でランガム・ロンドンの有名バー、アルチザンで活躍していた若手の凄腕バーテンダー、バラーズ・モナーさんがバーを率いています。

香港どころかアジアに足を踏み入れるのも初めて!というバラーズさん。

「昨年ワールド・トップ50バーの表彰式がロンドンで開催された時に、シャングリ・ラのスタッフやアグングさんと出会ったのが、すべてのきっかけなんです」とバラーズさん。

「いまは新カクテルメニューを開発中。お客さまの反応を見ながら、さまざまな食材やスピリッツを組み合わせて、バラエティ豊かな14~15種類を夏までに揃える予定です」というバラーズさんに、いくつかの新作を披露していただきました。

DSC01735.jpg

バーコーナーのアールヌーボー風のインテリアは色遣いが斬新。落ち着きと楽しさが両立する。

DSC01750.jpg

ゴールドのビーツと、ライチ、ローズウォーターに、ハウスシャンパンのペリエジュエを注いだ華やかなカクテル。

DSC01786.jpg

ハイビスカスとドライシェリー、メスカルのカクテルは見た目よりもヘビーでスモーキーな味わい。

DSC01761.jpg

ケツァール(Quetzal)と名付けられた美しいカクテル。

ただいま準備中の新カクテルの中には、バラーズさんのシグネチャーと言えるラムベースのカクテルがあります。

「昨年9月、グアテマラ産の有名なラム、ボトランが主催した若手バーテンダーのコンテストに英国代表として参加し、優勝したときのカクテルが、この『ケツァール』なんです」

ケツァールとは、グアテマラの国鳥である美しい鳥。ウッディーでチョコレートのような味わいがあるラムにぴったりな、ナッツの香りがするパラコラードシェリーを合わせ、バージンハニーと呼ばれるサトウキビの一番搾りのシロップ、柚子ジュースなどを加えています。見た目は重厚感がありますが、口に運ぶときにベルガモットの香りが漂い、飲むと思わぬ軽やかさに驚かされる、深みと飲みやすさが両立している優雅なカクテルです。

そして氷にはロブスター・バー・アンド・グリルのロゴが刻印されています。バラーズさんのロンドン時代と、香港でのこれからの活躍をつなぐカクテルとして、人気を集めるでしょう。

ナビゲーターのシェーファーさんも「元々のクラシックな雰囲気はそのままに残しながら、リノベーションも加えて、ロブスター・バー・アンド・グリルのイキイキとした魅力をさらに高めています」と太鼓判。リラックスして素晴らしい食とカクテルを味わいたい日に、ぜひロブスター・バー・アンド・グリルを体験してみてください。

DSC01833.jpg機能性と優雅さがバランスよくまとめられた客室。

<宿泊もしてみたい方に>

ビクトリア湾の景色が広がるデラックス・ハーバービューは、44㎡という広さ。ヨーロッパと中国が、さりげなく織り交ぜられた上品さが、シャングリ・ラならでは。

客室は41階から56階までにあります。客室階の吹き抜けには6ヶ月かけて40人のアーティストによって作られた、世界最大のシルクによる壁画も飾られていて、目を見張るはず。

24時間利用できるジムや、都会のオアシスのような屋外プールなどの宿泊者専用施設も、思う存分利用してください。

DSC01873.jpg

The Great Motherland of Chinaと題された世界最大のシルク製壁画。館内には大小900以上の芸術品が飾られている。

DSC01842.jpg

ウェルカムドリンクは、繊細な柄のティーセットで登場。ショップで同じものを購入可能。

DSC01861.jpg

ロクシタンのアメニティーはジャスミンの香り。

PAGETOP

【泊】泊ガイド

泊 TOPへ

カテゴリカテゴリ

SPA

バー

レストラン

ベーカリー

ラウンジ

エリアエリア

尖沙咀

その他の九龍

中環

金鐘

灣仔

その他の香港島

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』