香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|澳門|マカオ|世界遺産|聖オーガスティン教会
2010.09.10
マカオ

聖オーガスティン教会

「パッソス聖体行列」で有名な
十字架を背負ったキリスト像をまつる。

1586年に、フィリピンからやって来たスペイン人修道者によって創建された教会。当時は小さな木造の建物でした。現在の建物は、1874年に再建されたもの。バロック様式で建てられましたが、外観にも内装にも華美さは見られず、落ち着いた重厚な造りが特徴です。

祭壇

祭壇

大理石で創られた中央祭壇には、十字架を背負ったキリスト像がまつられています。この像には奇跡とも言うべき不思議な言い伝えが残されているのをご存知でしょうか。それは、「かつてこのキリスト像を大堂に移動させたとき、誰の目に触れることもなく、この聖オーガスティン教会の祭壇に戻っていた」というもの。この奇跡の出来事を記念して始まったのが、マカオ独特の伝統祭事「パッソス聖体行列」です。

この祭事は、毎年、四旬節(復活祭前の日曜を除く40日間)の最初の日曜日とその前夜(2月中旬-3月初旬)に行われます。土曜日に、キリスト像を担いだ聖職者と数千人もの信者が聖オーガスティン教会を出発。セナド広場の裏にある大堂まで運びます。そこで夜通し祈りを捧げ、日曜日に司教らが代わって行列を成しながら、聖オーガスティン教会へ戻ります。この祭事は、マカオの早春の風物詩になっています。

聖オーガスティン教会の前に広がる「聖オーガスティン広場」も世界遺産のひとつ。鮮やかなカルサーダス(石畳)が美しい広場です。

聖オーガスティン広場の鮮やかなカルサーダス(石畳)

聖オーガスティン広場の鮮やかなカルサーダス(石畳)

聖オーガスティン教会とドン・ペドロ5世劇場

聖オーガスティン教会とドン・ペドロ5世劇場

PAGETOP

【澳門】澳門ガイド

澳門 TOPへ

特集特集

カテゴリカテゴリ

エリアエリア

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』