香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|澳門|マカオ|雑貨|葡文書局 (Livraria Portugues)
2010.09.10
マカオ

葡文書局 (Livraria Portugues)

ポルトガル語の書籍を扱うお洒落な書店。
お土産にもなるアート雑貨も豊富に揃う。

ポルトガル語の書籍をメインに、マカオの歴史や文化に関する本などが豊富に揃う書店「葡文書局(リブラリア・ポルトゲーザ)」。

初めて訪れた人なら、黄色と青色のポルトガル式のタイルを用いたお洒落な外観に、まず目を奪われることでしょう。店内の床も目の前の通りと同じ石畳を使用しています。
ここは、ポルトガル政府が開いたお店としても有名で、1985年6月10日のオープニングセレモニーには、政府関係の人たちがたくさん訪れたそう。
(※現在は民間営業です)

観光客に嬉しいのが、書籍だけではなくマカオ土産にぴったりなアート雑貨も扱っていること。ストリート名の入ったアズレージョ(紺色が基調のポルトガルの装飾タイル)のマグネットや絵葉書、ポルトガル伝統歌謡のCD、ガロ(ポルトガルで幸運を呼ぶとされる雄鶏)グッズなどを扱っています。

このお店で一番人気なのが、伝統的ポルトガル料理の本(HK$250)。1日平均で10冊ほど売れるというこの料理本は、中国語、英語、ポルトガル語の3カ国語で展開しています。

その他、99年の返還前の歴史本(HK$78〜120)やマカオの建築物が載った写真集(HK$100)も人気があります。

一番人気の伝統的ポルトガル料理の本は、マカオで産まれたポルトガル人が買っていく

一番人気の伝統的ポルトガル料理の本は、マカオで産まれたポルトガル人が買っていく

マカオの歴史本や写真集は観光客にも人気

マカオの歴史本や写真集は観光客にも人気

PAGETOP

【澳門】澳門ガイド

澳門 TOPへ

特集特集

カテゴリカテゴリ

エリアエリア

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』