香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|澳門|マカオ|観光|澳門
2010.09.10
マカオ

澳門

東洋と西洋、新と旧が混在した
魅惑のマカオに遊びに行こう!

マカオは、中国・珠海市から陸続きになった「澳門(マカオ)半島」と、その先に浮かぶ「氹仔(タイパ)島」と「路環(コロアン)島」という3つの島から成り立っています。でも、新しい地図では、島が2つしかないように見えます。それは、タイパ島とコロアン島との間を埋め立てて土地を広げているから。そのエリアは、「コタイ地区」と言われ、巨大リゾートホテルが建設されるなど、今なお開発が続く商業エリアになっています。

猛スピードで近代化が進むエリアがある一方で、東洋と西洋の文化が混在した街並みが"世界遺産"として残っているエリアもあります。東京・世田谷区の半分ほどの小さな面積の中で、エリアごとに表情をガラリと変える魅惑のマカオ。ぜひ自分の足で歩いて、五感全部でマカオの魅力を感じてください。

香港島からマカオまで、フェリーでおよそ1時間

香港島からマカオまで、フェリーでおよそ1時間

セナド広場と中央噴水

セナド広場と中央噴水

セナド広場付近の路地。ファストフード店が軒を連ね、若者が多く行き交う

セナド広場付近の路地。ファストフード店が軒を連ね、若者が多く行き交う

【澳門(マカオ)半島】
2005年に「マカオ歴史市街地区」として、世界文化遺産に登録されたのは、22の歴史的建築物と8つの広場。マカオ半島南部の半径1.5kmほどのエリアに集結しています。かつて450年以上ポルトガルの影響下にあったことから東と西の文化が混じりあい、共存してきたマカオらしい街並みが随所に見られます。

世界遺産観光の拠点として、多くの観光客が訪れる「セナド広場(Senado Square)」は、美しく波打ったカルサーダスという石畳が有名。世界遺産の「仁慈堂」、「民政総署(レアルセナド)」など、パステルカラーのコロニアル様式の建物が周囲を囲む華やかな広場です。

民政総署(レアルセナド)

民政総署(レアルセナド)

民政総署の内壁。ポルトガル伝統の装飾タイル「アズレージョ」が見事

民政総署の内壁。ポルトガル伝統の装飾タイル「アズレージョ」が見事

セナド広場から15分ほど歩くと、小高い丘の上にそびえたつ「聖ポール天主堂跡」が見えてきます。1602年から35年かけて建設され、かつては「アジアで最も美しい」と言われた教会でしたが、1835年に火災で焼失。現在は、巨大な正面の壁(ファサード)のみが残っています。彫刻には、ひとつひとつに意味があり、東西の文化が交錯した名残も随所に見られます。

聖ポール天主堂跡。下から見上げたファサード

聖ポール天主堂跡。下から見上げたファサード

マカオ半島に点在する30の世界遺産のうち、最も南に位置するのが、マカオ最古の中国寺院「媽閣廟(マァコウミュウ)」。航海の安全を守る女神「媽祖」をまつっています。寺院名の発音が「マカオ」という地名の起源という説も。

ライトアップされた媽閣廟

ライトアップされた媽閣廟

媽閣廟の前に広がるカルサーダス(石畳)が美しい「バラ(Barra)広場」

媽閣廟の前に広がるカルサーダス(石畳)が美しい「バラ(Barra)広場」

【氹仔(タイパ)島】
タイパ島の南に広がる氹仔村(タイパビレッジ)は、ポルトガル様式の住宅が並ぶノスタルジックなエリア。どの場所をとっても絵になる雰囲気の良さが魅力です。観光客に人気のフードストリート「官也街(Rua do Cunha) 」には、各国料理のレストランや菓子店、カフェなどが軒を連ねます。通り自体は130mほどですが、途中の狭い路地にも行列覚悟の人気レストランや活気のあるバーなどがあるので寄り道するのも楽しい。

官也街と交差する整然とした大きな通り「地堡街(Rua do Regedor)」沿いにも各国レストランやお洒落なショップが並んでいます。ここに、マカオの名物スイーツ"セラドゥーラ"がテイクアウトできるお店「沙度娜」やマカオで人気のジュエリーショップ「Dora Tam Design」があります。

夜になると活気が出てくる官也街

夜になると活気が出てくる官也街

地堡街でマカオ名物

地堡街でマカオ名物"セラドゥーラ"を食べ歩き

官也街近くにある北帝廟

官也街近くにある北帝廟

北帝廟の傍にある西洋人に人気のレストランバー「Old Taipa Taverna」

北帝廟の傍にある西洋人に人気のレストランバー「Old Taipa Taverna」

海辺の道路から見た「聖フランシスコ・ザビエル教会」の外観

海辺の道路から見た「聖フランシスコ・ザビエル教会」の外観

【路環(コロアン)島】
マカオの最南端にあるコロアン島は、海と自然に囲まれたのどかなエリア。ここでの必食スイーツは、日本でも有名な"アンドリューのエッグ・タルト"。さくさくのパイ生地とプリンのような食感のカスタードが相性抜群。この 「ロードストーズ・ベーカリー(澳門安徳魯餅店)」本店には、遠方から足を運ぶファンがいるほど。お店の前には毎日行列ができています。

コロアン島唯一の教会である「聖フランシスコ・ザビエル教会」は、日本にキリスト教やヨーロッパの文化を伝えたイエズス会の伝導師フランシスコ ・ザビエルを記念して1928年に建立されたもの。最近では、韓国ドラマ「宮」のロケ地としても有名です。

PAGETOP

【澳門】澳門ガイド

澳門 TOPへ

特集特集

カテゴリカテゴリ

エリアエリア

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』