香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空が、香港、マカオの楽しみ方をナビゲーションします!

【食】

香港|買|中環|男がハマる|The Armoury(アーモリー)
2016.04.15
中環 (セントラル)

The Armoury(アーモリー)

職人のこだわりをさりげなく着こなす
世界のジェントルマン御用達のショップとは

品質とスタイルにこだわる世界中の粋な紳士たちに注目されているメンズショップが、香港にあることをご存じですか? その名は「アーモリー」。かつてはファッションへのこだわりと興味を共有するビジネスマンだった、アレン・シーさんとマーク・チョーさんが、その情熱を形にして2010年に創業しました。

抜群のセンスを生かした目利き2人によるセレクトに加えて、より抜きのテイラーやブランドとのコラボやオーダーメイドも取り入れています。そして「自分たちの好きなディテールを大切にしつつ肩肘を張らないスタイル、職人技に対する敬意、ブランドの物語性にこだわりながら動いているうちに、軌道に乗って行きました」とマークさん。

セミオーダーのスーツ平均価格が14,000香港ドル程度。値段だけの価値があると感じていただけるはず! と2人は胸を張りました。

BK7U8447_48_49_50_51_52_fused O1-P.jpg

中環のペダービルディングとランドマークの2カ所に店舗がある。ペダービルディング店はよりオーダーメイドに力を入れている。台湾、日本、上海などから訪れるファンも多く、テイラーが来るスケジュールに合わせて出張や観光で香港を訪問して、食事や滞在を同時に楽しんでいくとか。

BK7U8506 O1-P.jpg

アンブロージ・ナポリの見事なボタン付け。オーダーメイドのズボン9000香港ドル~。通常フィッティング1回で完成し、その後、同じスタイルでファブリックを替えて何本も作る方が多い。

ここに来れば、とてつもなく素晴らしい一品が手に入るという一例が、すべて手縫いで仕上げるイタリア・ナポリのズボン専門テーラー、アンブロージ・ナポリ。

「アンブロージ家は、四世代にわたりズボン一筋に生きてきた職人の家系。体型に合わせて、手縫いのステッチ1つずつにさえ最適な強さを知り尽くしているんです」とアレンさん。

そして一見、何気なく並ぶクラッチ部分のボタンの、1つ1つの糸遣いとバランスまでが考え抜かれています。こうして生まれる軽やかな履き心地と、立体的で美しいフォルムは絶品の域にあるとか。

香港に2店舗、ニューヨークに1店舗あるアーモリーには、イタリアや日本の名職人が年に数回採寸や仮縫いに訪れるため、ファンは常にそのスケジュールに目を光らせています。扱う範囲は、スーツはもちろん、めがねや靴、ネクタイなど、さまざまなジャンルに及んでいます。

BK7U8531 O1-P.jpg

マークさんとアレンさんがイタリアで買い付けてきた貴重なヴィンテージ・ファブリックはファン垂涎の品質。これを使ったオーダーメイドも人気が高いそう。

それでは、アーモリーで憧れのフルオーダーのビジネススーツを、イタリアなどの名テイラーに注文する場合は、どんな流れになるのでしょうか。

「テイラーの香港訪問期間中に予約を取り、採寸します。2~3ヶ月後にテイラーの香港再訪時にフィッティング。テイラーがそれを持ち帰って調整し、というプロセスを繰り返します。普通は2回のフィッティングで、3回目に完成品を受け取りますので、全工程に最短で約9ヶ月かかります。価格は45,000~50,000香港ドル程度。体型が大きく変わらない限り、2着目からはファブリックを選ぶだけでOKです」

サポートするアーモリー側も、時間をかけてお客さまの好みやライフスタイル、体型、居住地の気候なども考えて、最善のお勧めをするように心がけているそうです。

セミオーダーであれば、アーモリーのスタッフが採寸とフィッティングを行い、選んだファブリックと共にテイラーに送り、6~8週間でスーツが完成します。

最速なのは、店頭にある既製品をその場でフィッティングし、肩や袖周りを必要に応じて直すという方法。その場合、通常は1週間かかりますが、1~2日で仕上げることも可能。それも難しい場合は、日本に郵送も可能ですが、やはり来店して仕上がりを確認するのがお勧め。もちろん何か気になる点があれば、次回に香港に来たときにお持ちください、とのこと。

DSC06593-tc.jpg

英国スタイルの影響が強いというマークさん。ボタンダウンシャツがトレードマーク。ショップのブログに掲載される2人の日常スタイルも人気が高い。

BK7U8592-1ai O1-P.jpg

南イタリアスタイルが好みというアレンさん。アーモリーのシャツとリヴェラーノのスーツを着用。

BK7U8557 O1-P.jpg

アーモリーのオリジナル・シャツ3250香港ドル。カルロ・リーバのファブリックを使ったフルオーダーのシャツは5250香港ドル。襟の形はリラックスした南イタリアのスタイル。優雅さと共に、長く着てもジャケットの下で型崩れしづらい機能性も。

初めての訪問で、アーモリー・スタイルを試したい人にお勧めなのが、ナポリの工房で多くの工程を手縫いによって作っているというオリジナルのシャツです。

中でも、センスと誠実さを認めたショップにしか製品を置かない伝説的なイタリアのファブリックメーカーで、100年以上前の織機を使って丁寧に織られる、カルロ・リーバの布地を使ったオーダーメイドのシャツは、アーモリーの人気商品。

「現代の機械織りとはまったく異なり、ゆっくり回転するため、非常に長い糸を織り込むことができます。それによって、手触りがびっくりするほど柔らかく、軽くて薄くて、風通しも良いのに強く仕上がるのです。特に香港や日本など夏が暑い国ではとても重宝します」

また、袖ぐりに布を巧みに足すなどの工夫があるため、着てみるととても動きやすく、すっきりとフィットするそう。

ファブリックを選んでフルオーダーの場合は約3ヶ月。同じファブリックを使った既製品をフィッティングして、袖の長さやウエスト周りをフィットさせるセミオーダーなら1~2日間で完成します

BK7U8570 O1-P.jpg

高品質デニムで有名な岡山県福山市産のファブリックを使い、1950~60年代のジーンズ用ミシンを使って香港で生産。2900香港ドル。

アーモリーのこだわりは、カジュアルウェアにも浸透しています。たとえばアーモリーのオリジナルジーンズは、「ハイウェストでジャケットやドレスシューズと一緒に着られる、大人の落ち着いたジーンズを目指してデザインしています」とアレンさん。

「日本のスタイルもとても気に入っています。特に大阪のリングヂャケットとのつながりが深く、共同開発したオリジナルモデルも作っています。ジャケットの背中のラインに少し丸みがあって、アジア人の体型には理想的なんです」と話してくれたのは、マークさん。

ストーリー溢れる一つ一つの商品の説明を聞くだけで、欲しいものだらけになってしまうアーモリー。香港を舞台に、国際的なジェントルマンのスタイルを取り入れてみませんか。

BK7U8536 O1-P.jpg

ヴィンテージ・ファブリックを使った既製品のジャケットもあり。

BK7U8520 O1-P.jpg

イタリアの名テーラー、オラツィオ・ルチアーノの既製スーツもあり。24500香港ドル~。

BK7U8577 O1-P.jpg

アーモリーの世界を楽しみたい女性にお勧めな商品も。英国のドレイクスのスカーフは、古代マヤ文明などの図柄にインスパイアされたデザイン。2700香港ドル~。

PAGETOP

【買】買ガイド

買 TOPへ

特集特集

日本のお店とはちょっと違う?? 買い物好きなら行ってみたい香港店特集

こだわり派必見! ここでしか作れない自分だけのオーダーメイドショップ特集

日本未上陸のお店&ブランドショップを厳選して特集!

スーパーマーケットでお気軽おみやげ特集

チャイニーズテイストおみやげ特集

カテゴリカテゴリ

エリアエリア

香港へのお得な航空券はこちら

男がハマる香港

カップルでひたる香港

香港でしたい『10のこと』